So-net無料ブログ作成
検索選択

伊勢・志摩のたび ~志摩観光ホテル [温泉]

賢島(かしこじま)では志摩観光ホテルに泊まった。

英虞湾(あごわん)が一望できる、小高い丘の上に立っているこのホテルは、

山崎豊子の「華麗なる一族」にも登場する。

決して押しつけがましくないが高級感あふれるホテルだった。設計は日生劇場

や名古屋の栄にある「丸栄」、新歌舞伎座、横浜市役所、橿原神宮前駅などで

知られる村野東吾。

部屋から見える英虞湾(あごわん)の眺めが素晴らしい。

英虞湾3.jpg

いま本館も残しつつ、新館の工事の真っ最中だった。

sinkan.JPG

夕食は、ホテルのレストラン「ラ・メール」の真珠の海の物語 プレジール

っちゅうコースだった。

メニューは、

海の幸テリーヌ 車海老添え ハーブ風味のドレッシング

伊勢海老クリームスープ

黒鮑ステーキ(50g)2種類の香草バターソース

季節のシャーベット

どちらか一品

・シェフお薦めの牛フィレ肉ステーキ シャトーブリヤンソース
・本日の市場から タイまたはスズキのポアレ フルーツソース

ちゅうんで肉にしたよ、肉に。

デザート  コーヒー

パン4個も食べた。

1_purejiru.jpg

味は・・・・・・もちろん「んまかった」

1_bisqu.jpg

これが絶品!伊勢海老のクリームスープ:ビスク

agowann 2.jpg

英虞湾.jpg

英虞湾に沈む夕陽を見ながら食べる、フランス料理のデナーはなかなか良かった。

もちろんワインも飲んださ。

 

小屋.jpg

湾に浮かぶ、真珠養殖のいかだ小屋。

エスパーニャクルーズ.jpg

次の日は、英虞湾をめぐるエスパーニャクルーズ。

50分かけて、湾をめぐる。

真珠のいかだ.jpg

途中で、真珠の核付け作業の見学ちゅうもんもある。

始めて見た。だいたい真珠のことはよくわからん。

しかし、御木本幸吉という人物には興味をひかれた。真珠のこともふくめて

調べてみよう。

真珠の核つけ.jpg

あご湾船.jpg

湾内は、水上バイクや、遊覧船などが行き交っていた。

志摩は、許されるならいつか長期に滞在して(民宿とかで充分)、海水浴や

散歩やバーベキューや読書や昼寝や自然観察など、夏を存分に楽しんでみたい。

そういうところだった。

さあ、また仕事が始まる。

近鉄特急で一路名古屋に戻りました。

伊勢えびチップ.jpg

おわり。

teien.JPG

プール.JPG


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

伊豆長岡 [温泉]

 

忙中閑あり。

うまく休みが取れたので、おじさん三人で伊豆長岡に行ってきました。

伊豆長岡は伊豆半島の北部、三島と修善寺の間にある温泉街で、二年前に平成の大合併で

「伊豆の国市」となった。

今回は紅葉見物も、と張り切って出かけたが、まだまだ今年は早かった。

「ニュー八景園」に宿泊。

広々とした旅館で、美しい若おかみが我々を迎えてくれた。

ニュー八景園

屋上には、「天空風呂」という大露天風呂があり、そこからは富士山が真正面に見える。

泊まった翌日の朝、朝日に赤く染まる富士山がよく見えました。

部屋からも富士山がよく見える。

なぞの銅像が・・・!

同行S氏のシルエットと富士でした。

 

富士のパワーをいただき、我々オジサン探検隊は修善寺へと向かいました。

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

箱根 [温泉]

 

ずっと忙しかったので(ちょいと言い訳)、たまには温泉もよかろうと一泊で箱根に

行ってきた。

箱根駅伝ミュージアムにもぜひ行ってみたかったので(^-^*)

私が箱根に行くときはだいたい天気が悪いのだが、今回は素晴らしい晴天に恵まれた。

少し時間があったので、湯本から登山鉄道に乗って、彫刻の森美術館へ十数年ぶりに

行ってみた。

ちょっと風が強く寒かったが、マイナスイオンを満喫。

タイトルは「密着」ですと・・・・・・。

帰りの電車は、強羅にあるKS学園の子供たちで満員だった。

この子らは登山電車で毎日通っているのだ・・・と妙に感心。

宿に帰って早川の水の流れをしばし眺める。

温泉の後のビールが最高にうまい。

 

翌日はまた登山電車に乗り、今回の主目的である駅伝ミュージアムを目指す。

急カーブもなんのその。がんばれ登山電車!

出山の鉄橋が見えるところでちょっと停まってくれる。

スイッチバックしてさらに上を目指す。

「山の神」今井君をはじめ、駅伝ランナーたちはこんな山道を走っていくのだ!・・・と感動する。

ケーブルカーに乗り換え、ロープウェイに乗り継ぎ、大涌谷を通過。

相変わらず凄い眺めだ。

そして、富士山が・・・・・・

神々しくて思わずかしわ手を打つ。

とてもよく見えた。

ロープウェイは現在大涌谷から先が工事中で(5月まで)、バスに乗り換え芦ノ湖へ。

そしてさらに、芦ノ湖を海賊船で横断。

箱根に行くと、いろんな乗り物に乗ることが出来る。

いたるところから富士山がよく見えた。

富士を見ると、やけに興奮してしまう。自分が九州出身のせいか(根拠なし)

そして、ついに・・・・・・駅伝ミュージアムにたどりついた。

思ったよりこじんまりしていたが、中に入ると様々な展示物があり、いろんなエピソードを

読むにつけ、八十数年の箱根駅伝の歴史の重みをずしんと感じた。

駅伝ファンにはこたえられない施設だ。

応援メッセージを書いてきた(^-^*)  

詩人勝承夫(かつよしお)作「駅伝を讃えて」の碑。

ここ近くのゴールめがけて、若人たちが走ってくるのだ。

ちなみに、とても興奮していたので、せっかくのゴール地点を確認することなく帰りのバス

に乗ってしまった。とんまですんません。

そして、バスはふもとへと下っていった。

小涌園をすぎ富士屋ホテルをすぎ、曲がりくねったこの道を、歩いてさえも大変なこの道を、

タスキをつないで、駆け上り、そして下っていく選手たちの素晴らしい力をあらためて感じ、

さらに感動する。

ふもとに戻って、「はつ花」のとろろそばをいただき、また都会へと戻ってきました。

春の気配を少し感じた旅でした。

 


nice!(2)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

猿ヶ京温泉 [温泉]

6月17日(土)~18日(日)

用があって群馬に行き、ついでに猿ヶ京温泉に泊まってきた。

月夜野インターから車で約20分。

猿ヶ京は人造湖、赤谷湖(あかやこ)のほとりに広がる温泉地だ。

ひなびていて、静かで、心が落ち着く。

 

 

雨上がりの澄んだ空気に包まれた湖。

 

宿は合宿などでよく使われている安い旅館に泊まった。

老人会の人たちが何組か来ていたが、もう寝てしまったのだろう、まわりの部屋はしんと

していた。

一緒に行った友人と、酒を酌み交わしながら四方山話に花が咲いた。

 

泊まった日の翌朝、宿近くの与謝野晶子記念館に行ってみた。

 

晶子は何度も、この地を訪れている。

晶子とその家族。

12人も子供を産んで、育てた晶子。

そして、たくさんの歌を詠んだ。

 

庭一面に咲いていた紫の花が、雨にぬれて葉を光らせていた。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

平谷温泉やまぶきの湯 [温泉]

 

【ソネ風呂“混浴”露天の会】

            祝命名!「ゆー子」 「つか郎」 

 

 

先日の帰郷時に、長崎県大村市と佐賀県鹿島市を結ぶ国道444号線沿いにある

           「平谷(ひらたに)温泉」

初めて行って来た。

 

長崎市内から車で約1時間、「平谷・黒木トンネル」を越えると一軒宿の温泉がある。

 

 

長崎空港からだと車で約30分。

近くには多良岳、経ヶ岳などの名山があり、登山客も多い。

トンネルを抜けたところにある小さな売店では、野菜やお米など地域の特産品を売っており、

また湧き水が出ているので、遠くから汲みに来ている人がたくさんいた。

 

売店を越え、しばらく坂道を下ると忽然と温泉が現れる。

「秘湯」「かくし湯」の言葉が浮かんでくる、山里の中の温泉。

 

   


入浴料は大人600円。

源泉の温度は低いのでボイラーで沸かしている。

 

すぐ近くに1日1組(最大10名まで)限定の宿もある。(1泊2食¥30,000~)

 

来年春にはお食事処もオープンするらしい。建築中でした。

外の無料休憩所には牛乳(コーヒー牛乳もあり)の自動販売機。

 

風呂から近くの山の自然が見え、心からゆったりできる。

平谷温泉やまぶきの湯

佐賀県鹿島市山浦3864  TEL:0954-64-2321

          


nice!(2)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

長崎温泉「やすらぎ伊王島」 [温泉]

 

楽しそうだったので、【ソネ風呂“混浴”露天の会】に入会させてもらった。

 

こういう会に参加するのは、数十年前に「クリント・イーストウッド・・ファンクラブ」に入って以来。

なんだか新鮮で、嬉しい。  

 

 

さて、私にとって記念すべき温泉の話第一回は、

 

                        長崎温泉「やすらぎ伊王島」

 

私の故郷長崎に帰省すると必ず行くところだ。

つい先日、また行ってきました。

 

伊王島については拙文ですが過去記事を御参照下さい→こちら

 

伊王島は長崎港から船で約20分のところにあり、ここの温泉が私は大好きだ。

 

まず、料金が安いっ!!

往復の船賃に、入浴料がついて、なんと 980円 ですよ!!

 

そして、ロケーションがいい。

長崎港を出るときは、左を見ると東山手、南山手の洋館群が一望できる。

右手には三菱の造船所が見え、この前は建造中の豪華客船やイージス艦が見られた。

オランダやポルトガル、中国などの船が昔この海を行き来していたかと思うと、感慨無量だ。

 

こんな風に、島に着くまでの間、ちょっとした船旅が楽しめる。

 

船着場から徒歩5分のところにある温泉(送迎バスもある)には残念ながら混浴ではないが、

露天風呂もあり、目の前に海が広がってとても気持ちがいい。

 

 

(写真はホームページからお借りしました)

 

お湯に浸かっていると、目の前を、五島航路の船が白波を立てて横切っていく。

 

ああ、からだがほぐれて、疲れがとれていく~~、ほーっ。

 

天然温泉100%かけ流し。

いろんな風呂のほか、サウナもある。

お風呂のほかに、ホテルなどのリゾート施設も充実、エステやマッサージの施設も付属。

 

夏には温泉近くの海水浴場で泳いで、帰りに温泉、そしてバーベキューと手軽に楽しめ、

すべてが安い。

(海の家なんかは、使用料1人400円。60歳以上と中学生以下は タダ

 

帰りはまた船で、火照ったからだにさわやかな潮風を感じ、長崎の夜景を見ながら港に戻って

いく。

 

一人でも、カップルでも、そして家族でも楽しめるこの温泉は、おすすめの温泉、リゾート施設

です。

 

・・・・・・おれは、ここのまわしものか?・・・・・・(^▽^;)

     

 

わーい、やっと使えた。

 

長崎温泉「やすらぎ伊王島」


nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感